NPO法人とうほく整形外科

NPO法人とうほく整形外科
とうほく整形外科について

概要

NPO法人とうほく整形外科は、医師の専門的職業能力の開発・向上と就労の支援をすることにより、運動器医療の充実・発展・啓発と地域医療の質の向上ならびに人材確保に寄与し、併せて国際交流・協力・支援を通じて地域の国際化に貢献いたします。

▲ TOP 

設立趣旨

1 趣旨

近年、日本は未曾有の高齢社会となり、骨・関節・脊椎といった運動器の加齢変性に起因する疾病が深刻な問題となっている。一方では、スポーツ活動の隆盛化で、青少年や壮年に発生する運動器の損傷・障害が年々増加している。こうした状況にあって、地域を問わず運動器疾患に対する関心と専門的医療への需要が著しく高まっている。

そもそも地域における疾病の予防と治療あるいは健康の維持と増進には、専門的な知識と技能に長けた専門医が欠かせない。殊に外科系専門医には、日常の診療や研究、医学・医療情報の収集を通して職業能力を向上させ、同時にそれらを同僚や後進に伝えることが生涯を通じて必要とされる。一方、専門医を目指す専修医には、多種多様の研修課題に対応できる複数の病院・施設を巡り、秀でた指導医のもとで研修することが望ましい。すなわち、地域医療の充実は、専門医自身の一層の能力向上と優れた専門医の育成によって初めて達成される。

特定非営利活動法人とうほく整形外科は、東北地方ならびにその近隣の地域において、運動器医療に携わる医師の専門的能力の向上を支援すると共に、その実践に必要な就労機関を斡旋すること、ならびに専修医の能力や学習内容を調査・分析し、研修病院・施設を適切に調整することにより、人材の育成と確保ひいては地域医療の充実と発展に寄与する。さらに、本法人は運動器疾患の専門的知識と医療情報を講演会、セミナー等を通じて、医師のみならずコメディカル、そして地域住民や学童・生徒に教育・啓発する事業を行う。本法人は、小児から高齢者まで種々の運動器疾患に関して住民を対象とした調査・検診の事業を行い、積極的に地域住民の福祉の向上に貢献する。本法人は他国の医師の地域への訪問や地域での研修と、専門医の海外視察・指導、専修医の他国での研修を含めた国際交流を促進する。

2 申請に至るまでの経過

これまで、平成11年に発足した任意団体の東北大学整形外科関連病院協議会が当地域における専門医の能力向上、専修医の育成、あるいは国際交流・協力のための支援事業を行ってきた。特定非営利活動法人とうほく整形外科は、同協議会の枠を拡大し、運動器医療の充実、発展、啓発に積極的に貢献しようとするものである。

平成17年7月30日、特定非営利法人とうほく整形外科の設立総会が同協議会の会員によって開催され、法人の設立が必要であるとの意見の一致が得られた。引き続き、法人の定款が審議され承認された。

平成17年10月3日

特定非営利活動法人 とうほく整形外科
設立代表者 国分正一
(東北大学名誉教授)

▲ TOP 

理事長あいさつ

初代理事長の国分正一東北大学名誉教授、第二代理事長の佐藤克巳東北労災病院院長の後を受けて、本年の総会で第三代理事長に選出されました。書面ではございますが、ご挨拶申し上げます。

当法人は、東北の地域に優れた整形外科医を育成し、還元することを主な目的として、平成17年10月に設立されました。設立当時、国分正一理事長と田中靖久副理事長が大変な努力をされたことが昨日のことのように思い出されます。その後、佐藤克巳理事長のもと、設立の趣旨を実現すべく、専修医師の海外発表。視察などへの助成、海外からFellowの受け入れ、女性医師育成のための女性医師労働環境改善委員会での検討、献体を用いた手術手技研修、臨床調査研究助成と数々の事業が行われ、若手整形外科医師の育成事業は着実に実を結んできたものと思います。

またこの間、若手整形外科医師数は増加したものの、十分なものとは言えませんでした。これには大震災、新研修制度の影響もあったものと思われます。医師問題対策委員会、学生・研修医・勤務医対策ワーキンググループを通じて対策を講じて来ましたが、一層の努力を要するものと思われます。

昨年から今年にかけてのトピックスとしては、昨年4月の東北医科薬科大学の設立と本年の整形外科専門医制度の発足が上げられると思います。前者につきましては、小澤浩司教授には引き続き当法人の理事として活躍していただくことになりましたので、地域として整形外科を育成するという姿が堅持できるものと思います。また本年春からは、他科に先んじて開始された整形外科専門医制度が始まりました。大学と病院の連携の中で、専門医を育成する制度です。しかし、整形外科の専攻を希望する方がいても、従来のように人事調整者が配属先を調整するということには制約もあるようです。今後新制度への対応について十分な検討が必要なものと思われます。

当法人も設立から暦が一回りし、組織、運営についても順次改善が必要なものと思われます。新理事と共に、本法人の発展に微力ではありますが努力したいと思っております。本法人にこれまで同様のご指導ご協力賜りますようお願い申し上げます。

平成29年7月

NPO法人とうほく整形外科 理事長
佐藤 哲朗

▲ TOP 

事務局

▲ TOP 

所在地

〒980-8574 宮城県仙台市青葉区星陵町1番1号

▲ TOP